被せるものの使用材料による分類被せるものの使用材料による分類

虫歯の治療の説明の中の被せものの説明 by 羽田歯科医院

使用材料 パラジウム銀合金 金合金、白金加金 ハイブリットプラスチック メタルボンドセラミック オールセラミック
製造法 鋳造 鋳造 ペースト状のプラスティックを築盛して歯の形と色を作る 金属をベースにセラミックを積層、焼き付けをして歯の形と色を作る CAD/CAMでセラミックベースを削りだし、その上にセラミックを積層焼き付けして歯の形と色を作る
特徴 銀合金は金合金の代用金属で保険適応可で最も普及していますが、暗くみえるのが欠点です。
前歯部はプラスティックをコーティングされています。
金合金は銀合金と比べ明るい。加工しやすく、適合度が良いです。 セラミックの硬さと樹脂の粘り強さをあわせもった素材でですが、割れることがあります。前歯、小臼歯のみ保険適用されます。 昔から「差し歯」と言えばこれをさします。変色は無いですが、歯肉にそった接合部に黒ずみがでることがあります。 セラミックを削りだすことで、強く、精密で美しい人口歯が可能になりました。今後主流となるでしょう。
見た目の自然さ
変色のしにくさ
すり減りにくさ
体にやさしい
星1つ
星1つ
★3つ
星1つ
星2つ
★3つ
★3つ
★3つ
★3つ
星2.5つ
星2つ
星2.5つ
★3つ
★3つ
★3つ
★3つ
★3つ
★3つ
★3つ
★3つ
使用できる部位 前歯 ×(※1.前装冠のみ可)
臼歯 
前歯 ×
臼歯 
前歯 ×
臼歯 △
前歯 
臼歯 
前歯 
臼歯 
サンプル見本
           

※1.前装冠なら合金の被せもの外から見える部分のみプラスティックをコーティングしたもので、自然感が得られる。前歯であれば保険適用です。

羽田歯科医院ホームページへ⇒